人工地震? 石川・能登地震(震度7)についてXで騒がれてるワケ

2024年1月1日 16:10に発生した、石川・能登で観測された震度7について、Xで様々な情報が飛び交っており
人工地震論が多く確認されています。その理由について、まとめましたので、ご確認下さい。

※余震が引き続き多く大変心配です…、被災地につきましては、皆様が無事であること、
また早期の収束と1日も早くいつもの生活ができることをお祈りしております。。

※人工地震論は過熱しておりますが、一個人の意見としては、人工地震と断定するには早すぎるのではないかと…。

-広告-

「3回の爆発音」記事の謎の削除現象

インターネット上で議論を呼んでいる「3回の爆発音」に関する記事が次々と削除されている現象。この背後には何があるのか、社会的な疑念が高まっています。

削除される記事の内容と特徴

削除された記事の内容は、2023年12月31日に投稿された記事で、石川県・能登町付近の変電所で「ボンっ」という爆発音が聞こえたことと、一部世帯で停電が発生していたという内容でした。地震発生した地点から80キロ程度ということで、注目されています。

削除行為への反応と影響

これらの記事が削除されることによって、今回の地震に関連する事項であり隠ぺいではないかと一部では意見が上がっています。

記事の削除は、情報の透明性と公衆の知る権利に対する疑問を深めています。

特に、地震や災害に関する情報は、公衆の安全と直結しているため、その扱いには細心の注意が必要です。

しかし、このような削除行為が行われることで、情報へのアクセスが制限され、真実が歪められる可能性があります。

私たちは、情報の自由な流通と、それに伴う責任を常に考えながら、真実を追求する必要があります。

関連ポスト


https://twitter.com/oS2S02RnT8CYskj/status/1741794610173870211

社会を揺るがす人工地震の憶測

今回の地震において「震源が浅い」「S波がすぐに到達している」という特徴が指摘され、これらが人工地震であるとの憶測が広がっています。

人工地震の特徴と現象

人工地震は自然発生の地震と異なり、特定の特徴を持つとされています。例えば、震源が極めて浅い、または地震波の伝播パターンが異常であるといった特徴です。今回の地震がこれらの特徴に合致しているかどうか、科学的なデータと照らし合わせて検証します。

憶測を生む背景と社会的影響

人工地震の憶測が生まれる背景には、科学的な不確実性や情報の不透明性があります。また、政治的、社会的な緊張が高まる中で、人々の不安や疑念が憶測を助長しています。これらの憶測がどのように社会に影響を与え、人々の行動や意見にどのような変化をもたらしているのかを探ります。

人工地震の憶測は、科学的根拠と公衆の不安の間で揺れ動いています。真実を究明するためには、透明な情報公開と冷静な議論が求められます。

関連ポスト

人工地震と地球深部探査船「ちきゅう」の関係性

地球深部探査船「ちきゅう」が地震発生ポイントの付近にいたという情報があり、その掘削活動が人工地震に関連している可能性が指摘されています。

「ちきゅう」の位置と地震発生ポイント

いくつかの投稿によると、地震発生時に「ちきゅう」がその付近にいたとされ、その位置関係が憶測を呼んでいます。

掘削能力と震源の深さの一致

「ちきゅう」の掘削能力が10キロ程度であり、震源が浅いことから、その深さが一致している可能性があるという指摘があります。

人工地震の憶測は、科学的根拠と公衆の不安の間で揺れ動いています。真実を究明するためには、透明な情報公開と冷静な議論が求められます。

関連ポスト

逆の視点で見てみましょう

いくつか、人工地震についての投稿が確認されます。一方で実際に人工地震を起こすためには、ものすごいエネルギー、タイミング、技術が必要となります。
こういった、特殊な投稿は目立ちますが、逆の視点(現実性)についても、見てみましょう。

仮に本当に人工地震だったとしても、「人工的に地震を発生させました」なんて発表はするわけがありませんので、1つの意見を見るのではなく、様々な情報を仕入れて、自分なりに考えてみるといいでしょう。

変電所の爆発について

変電所の場所と、停電理由について調べてみましょう。(以下、リポストがわかりやすいです)
https://twitter.com/nsushio/status/1741737859336557049

P波、S波について

震源が浅い地震については、震源が深い地震と比べ波形が異なります。
今回は非常に震源が浅いため、P波が到達するのと近い時間でS波の到達になることも十分にありえます。
また、時間軸をもっと細かく見ると、P波が確認できることもあります。

今回の地震とは関係ありませんが、この記事の記載がわかりやすいです。
「人工地震ではありません」実際の地震でデマやフェイクを検証 詳しく解説 – NHK

「ちきゅう」について

「ちきゅう」の船舶情報は、以下のマリントラフィックというサイトで確認することができます。

https://www.marinetraffic.com/

タイトルとURLをコピーしました