【要アンインストール!】Adobe Flash Playerサポート終了!方法はこちらから

CM

色々なところでニュースになっているため、皆様お気づきのことかと思いますが、Adobeは2020年12月31日で、Flash Playerのサポートを終了しました。

 

また、2021年1月12日以降、Flash PlayerでのFlashコンテンツの実行はブロックされるそうです。

 

Adobeはさらに「すべてのユーザーの皆様にはFlash Playerを直ちにアンインストールし、ご自身のシステムを保護することを強く推奨いたします。」と案内をされています。

 

Adobe公式サイトでは「インストールされているかどうか」や「アンインストール方法」が公開されています。

 

それぞれのページについてご案内いたします。

 

-広告-

Adobe Flash Playerインストール状況確認方法

以下のサイトにアクセスし「Check now」もしくは「今すぐチェック」をクリックするとインストールされているかどうかがわかります。

https://helpx.adobe.com/jp/flash-player.html(インストール状況確認サイト)

 

上記ページはアクセスすると英語表記になっていることがあります。

「Check now」をクリックすることでチェックしてくれますが、「英語表記で結果がよくわからない」という場合は、ページの左下のほうにある「Change region」から「日本語」を選ぶと、日本語表記に変更されます。

Adobe Flash Playerアンインストール方法

Adobe Flash Playerをアンインストールする方法については、「Adobe」の公式サイトで公開されています。

Windowsパソコンを利用されている方は、コチラ

Flash Player (Windows)のアンインストール
このステップバイステップガイドでは、Windows 7 以前で Adobe Flash Player を正常にアンインストールして他の関連ファイルも削除する方法について説明します。

Macパソコンを利用されている方は、コチラ

Mac OS での Flash Player のアンインストール
この段階的なガイドでは、Mac コンピューターから Adobe Flash Player をアンインストールまたは削除し、その他の関連ファイルを削除する方法について説明します。

 

Adobe Flash Playerをアンインストールしなければいけない理由

なぜ、サポート期間が切れただけで、アンインストールをしなければいけないのでしょうか。

 

まず、Flash Playerは、アンインストールを行わない限り、パソコン上に残るシステムとなっています。サポート終了日以降はFlash Playerのアップデートやセキュリティパッチの発行がなくなります。

 

あまり考えたくないですが、サポート終了後にセキュリティホールやバグによるパソコンの不具合が発生しても修復されることはなく、そのまま外部から侵入される状態が続いたり、パソコン不具合が解消しない場合がある。ということになります。

 

また、今後発表されるソフトウェアとの互換性により不具合が生じる場合もあります。

(ソフトウェア開発者はFlash playerは終了したものと考え、相性や互換性は今後考えることはないでしょう。)

 

障害やパソコン動作遅延にもつながる恐れがあるため、「Flash player」はアンインストールするのが無難でしょう。

 

Adobe Flash Player終了の影響とは

2017年からAdobe Flash Playerは2020年に終了するというアナウンスは出ており、そこに向けて各システム会社は製品のリプレースや見直し、最新バージョンの作成を行ってきたことが想定されるため、社会的な大きな問題はないと考えています。

 

ただし、過去に自分で作成したものや、インターネット上に転がっていたソフトについては稼働しなくなる可能性があります。

 

その場合は、上述の通り、セキュリティや今後発表されるソフトウェアとの互換性がきになりますので、無理やり使うのではなく、代替策を考えていくのが無難でしょう。

 

また、終了にあたり、サントリーのCMも公開されていましたね。Youtubeに動画がありましたので貼り付けておきます。

 

クラフトボス『Flash Back Memories』3分39秒 宮崎吐夢 サントリー

 

 

タイトルとURLをコピーしました